KSL Home へ マンデルブロとハドソンの10の格言

●ファイナンスにおける10の異説
  Ten Heresies of Finance  Benoit B.Mandelbrot & Richard L.Hudson
1. Markets Are Turbulent.
  市場は波乱を含む。

2. Markets Are Very, Very Risky - More Risky Than Standard Theories Imagine.
  現在、スタンダードであると信じられている金融理論(金融工学)の想定以上に、市場はリスキーである。

3. Markets "Timing" Matters Greatly. Big Gains and Losses Concentrate into Small Packages of Time.
  要はタイミング。大きな損益は短期間に集中する。

4. Prices Often Leap, Not Glide. That Adds to the Rick.
  市場は滑らかな動きだけでなく、時として飛び跳ねるような動きを見せる。これが、リスクを大きくする。

5. In Markets, Time Is Flexible.
  市場に流れる時間を参加者は自由に選ぶことができる。

6. Markets in All Places and Ages Work Alike.
  市場はいつでもどこでも同じような動きを見せる。

7. Markets Are Inherently Uncertain, and Bubbles Are Inevitable.
  本来、市場は不安定なものである。従って、バブルを避けることはできない。

8. Markets Are Deceptive.
  市場は人を欺く。

9. Forecasting Price May Be Perilous, but You Can Estimate the Odds of Future Volatility.
  価格(の推移)を予測することは、そう容易なことではない。
  しかし、将来起こるであろうボラティリティ(リスク)の確率は推計できる。

10. In Financial Markets, the Idea of "Value" Has Limited Value.
  金融市場における「価値(株式価値や企業価値など)」は、すべてを内包した価値ではない。
   出典:THE (MIS)BEHAVIOR OF MARKETS  A FRACTAL VIEW OF RISK, RUIN & REWARD
       Benoit B.Mandelbrot & Richard L.Hudson (2004)
  【Who's マンデルブロ? | Wikipediaリンク】  マンデルブロ  フラクタル  マンデルブロ集合



©Copyright KSL, All Rights Reserved.